Metellレポート
最新サポート情報

コロナ禍のこの冬「隠れ脱水」に注意

こんなこと、最近ありませんでしたか?

・手先などの皮膚がカサカサする
・口の中がねばねばし、食べ物が飲み込みにくい
・やる気や活力が低下し、ダルさを感じる
・めまいや立ち眩みでふらっとする
・靴下のゴムの跡が、脱いだ後に10分以上も残る
・偏頭痛が続いている

ひとつでも当てはまる方は「隠れ脱水」の危険性があります。
医療関係者で組織する熱中症・脱水症の予防啓発団体「教えて! 『かくれ脱水』委員会」(事務局・東京都中央区)より、新型コロナウイルスが流行しているこの冬、「かくれ脱水が起こりやすいので注意」と呼び掛けるメッセージが発表されました。

夏には熱中症とともに多く見られる「脱水症状」ですが、実は気付かないうちに水分不足に陥る「隠れ脱水」のリスクが、コロナウイルスの影響で高まっています。

感染症予防のため、マスクの着用が日常化していますが、そこに落とし穴があります。
マスクは保湿効果があるため、喉の渇きがさらに感じとれにくくなります。また着脱が面倒なことから水分補給の回数も減りがちに。さらに、感染予防で外出機会が減ったことで、水分を保つ役割もある筋肉の量が減少し、脱水が起きやすくなる可能性があるといいます。

予防策として、2時間に1回、コップ1杯程度の水を飲むこと、加湿器などを使って皮膚からの蒸発を抑えることが効果的です。観葉植物を置いたり、室内に洗濯物を干したりすることでも手軽に加湿ができます。

Metell-ミテル-を活用することで、体調管理が簡単になるだけでなく、毎日の体調とじっくり向き合うことができます。
ちょっとした体の変化に耳を傾け、感染症対策とともに、「隠れ脱水」にも気を付けてこの冬を乗り切りましょう。

職場における新型コロナウイルス感染予防、健康管理について

 

厚生労働省より、労使団体や業種別事業主団体などの経済団体に対し、「緊急事態宣言発出を踏まえたテレワークの積極的な活用、職場における感染予防、健康管理の強化等」という協力が依頼されました。


人との接触を低減するためにもテレワークの活用が求められますが、全ての職種において実施できないことも現状です。
そのため、職場において感染予防、および健康管理の徹底が求められています。

対策を万全にするために、具体的には

①労働衛生管理体制の再確認
②換気の徹底等の作業環境管理
③職場の実態に応じた作業管理
④手洗いの励行など感染予防に関する基本的な知識も含めた労働衛生教育
⑤日々の体調管理等も含めた健康管理に留意して取組を実施

と、5つの項目が厚生労働省より要請されています。

Metell-ミテル-を活用することで、体調報告が10秒ほどで完了します。
管理者はメンバーの体調報告を一目で把握し、感染症予防にいち早く対策を講じることが可能です。
職場において感染予防、および健康管理の徹底を効率的に実行するために、ぜひMetell-ミテル-をご活用ください。

緊急事態宣言時のミテル活用について

1/8~2/7(31日間)を期間として、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県(1都3県)を対象に、
→新型コロナウィルス感染症緊急事態宣言
が出されました。

首都圏を中心に、新規感染報告が過去最多を記録し続け、医療体制がひっ迫しています。
この現状に歯止めをかけ、減少傾向に転じさせるためには、一人ひとりの意識と心がけが大切です。

飲食店に対する営業時間短縮要請を行うとともに、夜間の外出自粛の要請、企業に対しては「出勤者数の7割削減」を目指し」、テレワークやローテーション勤務、時差通勤などが政府から要請されています。

テレワーク推進により顔が見えなくなる分、メンバーの体調管理に対し、適切かつ、早急に対応することが必要です。

Metell-ミテル-は体調・検温管理の他に、メッセージ機能を搭載。
有料版ではメンバーの体調が一目で分かるレポートを、分かりやすいカレンダー表示にて確認できます。

ぜひ検温アプリ Metell-ミテル- をご活用ください。

年末年始は密を避けよう「5つの場面」

内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室より
新型コロナウィルス感染症対策として
感染リスクの高まる「5つの場面」年末年始特設サイト
が開設されています。

新型コロナウイルス感染症が流行してから、初めての冬を迎えています。
これまでの感染拡大の経験から、感染リスクが高い行動や場面が明らかになってきました。

これまでのクラスター分析で得られた知見から
・感染リスクが高まる「5つの場面」
・感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫
が新型コロナウイルス感染症対策分科会により提言としてまとめられています。

Metell-ミテル-なら10秒で体調報告が可能です。
「楽しい年末年始だったね」と、いつか思い出したときに楽しい一コマになるよう、感染症対策と合わせてぜひ検温アプリ Metell-ミテル- をご活用ください。

銀行利用時のミテル活用について

12月18日、金融庁より
「銀行をご利用のお客さまへ-新型コロナウイルスの感染を防ぐために -」
が発表されました。

メガバンクをはじめとするほとんどの銀行が、2020年12月31日~2021年1月3日は休業します。
また1月は連休があるため、通常より混雑日が多く予想されます。

生活に必要不可欠な銀行を、今後も安全な場所として安心して利用できるよう、
利用する側、銀行側、双方の感染症に対するエチケットが重要です。
ソーシャルディスタンスの確保やマスク着用と同様、
事前に体調確認をしてからの来店がライフマナーなりつつあります。

Metell-ミテル-なら簡単かつ継続的に体調管理ができ、
効率的に体調報告ができる機能が多数ございます。

ぜひ検温アプリ Metell-ミテル- をご活用ください。

年末年始休業のお知らせ

誠に勝手ながら下記の期間、Metell-ミテル-に関するお問合せ及び、有料プラン(銀行振込・口座振替)お申し込みの対応を休業とさせていただきます。
休業期間中はご不便をお掛けいたしますが、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

※休業期間中のお問い合わせ・ご相談は、2020年1月12日(火)より順次お返事をさせていただきます。

引き続き、Metell-ミテル-をどうぞよろしくお願いいたします。

【休業期間】2020年12月26日(土) ~ 2021年1月11日(月)

【2020年11月23日掲載】日本教育新聞で紹介されました

2020年11月23日発刊された日本教育新聞でMetell-ミテル-が紹介されました。

日本教育新聞掲載画像


ミテルは教育現場の声を取り入れ、今後も機能向上を予定しております。
教育現場のデジタル化本格稼働に向けて、ぜひ導入をご検討ください。

【2020年11月16日掲載】日本教育新聞で紹介されました

2020年11月16日発刊された日本教育新聞でMetell-ミテル-が紹介されました。

日本教育新聞記事画像

文部科学省より学校と保護者等間における連絡手段のデジタル化推進について方向性が示されたこともあり、
教育関係者様からのミテルに関するお問合せが増えております。

ミテルでは双方向からのメッセージ送信ができるので学校・保護者間の連絡帳ツールとしてもお使いいただけます。

デジタル化の足がかりとして、教育現場でもぜひミテル活用をご検討ください。

公共交通機関業界でのミテル活用について

令和2年11月4日国土交通省より以下の発表がありました。

タクシー乗車の際はマスクの着用をお願いします!


タクシー業界に限らず、エッセンシャル・サービスである公共交通機関においては利用する側される側双方の感染症に対するエチケットが必要不可欠です。

これからの感染症流行期に向けて事業者様におかれましても改めて体調報告・管理の徹底が問われることと思います。


Metell-ミテル-には組織管理者様が効率的に体調管理ができる機能が多数ございます。
公共交通機関事業者様におかれましても、ぜひ検温アプリ Metell-ミテル- をご活用ください。


11月はテレワーク月間です

令和2年10月30日(金)総務省より下記が発表されました。

「11月はテレワーク月間です ~テレワークの普及促進に向けた広報等を集中的に行います~ 」

ミテルは、テレワークをしている社員の体調管理にも便利なサービスです。
テレワークでは勤務場所や勤務時間にとらわれず、柔軟に働けるメリットがある一方、自宅でもオンとオフの切り替えが難しいという状況が生じます。在宅勤務になってから、集中力が持続しなくなった、やる気が出ないなど、テレワークうつを発症するケースもニュース等で報じられるようになりました。

ミテルではこれらの社会問題にもアプローチし、「こころの不調」を訴える項目もございます。体調不良同様、こころの不調をボタン一つで報告できることで、メンバーの異変をいち早く察知することができます。

感染拡大の防止と経済活動の両立のため、今後もテレワークは続くことと思われます。ぜひ、テレワークの積極的な活用とあわせて、毎日の健康チェックにはミテルをご利用ください。